「今日もお腹が痛い・・」「下痢が続いている・・」それ、”過敏性腸症候群”です!

ad
ad
この記事は約6分で読めます。

「またお腹が痛い、、」

場所を問わず、突如襲ってくる腹痛

いきなりですが、皆様は突如原因不明の腹痛に襲われたという経験はございますでしょうか?生ものを食べたわけでもなく、食べ過ぎたわけでもなく、とにかく訳もなく腹痛に見舞われてお腹を下してしまう。

この様な症状がある方は、過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)かも知れません。良くあること且つ腹痛という普段から起こる症状であるが故に、「命に関わるほどのことではない」と、気にせずに放置してきたという方も多いと思います。しっかりと向き合うことで改善傾向に向かうモノですので、今日から少しずつ対策していきましょう。

敏感肌ではなくて敏感”腸”

皆様は、お腹の横を触れられると反射的に動いてしまったり、直ぐに肌荒れを起こしてしまうというような敏感肌というモノをご存じではないでしょうか。これと同じで、腸も敏感や鈍感というような違いが存在するのです。

しかし、敏感肌用の化粧水などが売られている反面、敏感な腸をいたわるための商品などが売られていないということが現状です。従って、敏感(過敏)な腸が存在することはあまり知られていません。

この様に、過敏になってしまった腸がもたらす様々な腸内の症状及び腹痛などの諸症状が過敏性腸症候群という名前で実際に存在しているのです。

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)は、腸の疾患を持っていないにも関わらず、慢性的に下痢や腹痛、便秘などが起き排便することで痛みが軽減する。この様な症状が特徴的な疾患です。腸の働きに障害が起きることで生じます。

過敏性腸症候群は、主に3つのタイプが存在します。下痢型と便秘型と交換型です。

お腹を下し下痢が頻繁に出てくるという症状が下痢型
腹部の不快感、さらにその様な不快感があるにもかかわらずトイレに行っても便が出ない、若しくは便が出ても苦しいという便秘型
両症状を繰り返してしまう交換型

この様な症状がございます。

*当サイトでは、緊張するとお腹を下してしまう際の原因やメカニズム、そしてその対処法をご紹介いたしております。非常に繋がりが深い内容となっておりますので、是非ご覧下さい。
詳しくはこちらをクリック!

原因は何?

過敏性腸症候群の主な原因は日々のストレスにあると考えられています。特に令和は“新型コロナウイルス”との闘いも有り計り知れない程のストレスを抱えていることでしょう。さらに、SNSが普及しいつも誰かと繋がってしまってるという承認欲求なども、必然的に増えていってしまうのです。

総務省HPより抜粋(https://www.soumu.go.jp/)

こちらのグラフはスマホユーザ数を年齢別で表しているものです。見て分かるとおり、働き盛りの方々はほとんどがスマホを有しているという状態です。仕事でストレスを感じる上に、スマホなどネットから得る情報でもストレスを感じてしまうと言うことで、現在急激に若年層の方々の疾患者数が増えているそうです。

こちらのサイト(←クリックで表示)でもご紹介しているのですが、ストレスを感じて、その後どのように腹痛が起こるかという流れを以下に示します。

緊張→腹痛のメカニズム
  • 原因
    ストレスを感じる
  • 視床下部にCHR*が溜まっていく

    *:副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンのこと。副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す。

  • CHRが様々なホルモンを分泌

    分泌されるホルモンの1つに、ACTH*などがある。

    *:副腎皮質刺激ホルモン

  • ACTHが、また他のホルモンを分泌

    ホルモンが次から次に指令を享受し合い影響し合う。

  • 心臓の鼓動が早まり、腸の働きが活発化

    まさに「神経が研ぎ澄まされる」状態です。意識が、良くか悪くか神経に集中されているということです。

  • 消化物が普段より速いスピードで腸を通過

    普段はゆっくりと通り過ぎることで、消化で生じた水分や養分の吸収が行われるモノの、活発化した腸で分解されたモノが腸を短い時間で通り過ぎてしまうのです。

  • 結果
    水分が吸収されず、液体状の便が出る。

    これらによって、「緊張→ストレス→腹痛→下痢」というサイクルが出来てしまうのです。

仕組みはこの様になっています。これらを文章でまとめると以下のようになります。

ストレスを脳が感知し、視床下部にCHR(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)が溜まります。CHRにより、放出されたACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が、さらに新たなホルモンを分泌します。活発なホルモン分泌により鼓動が早まり腸の働きも活発化してきます。それにより、普段よりも速いスピードで消化物が腸を通過します。吸収されるべき水分が十分に腸内で吸収されることなく通るため、下痢性の便が出てくるのです。

*ストレスに関してはこちらのサイトで詳しくご紹介しております。多方面に役立つ”ストレス解消法”をご紹介しておりますので是非ご覧下さい。
詳しくはこちらをクリック

ストレスを喰い止めるしか方法はない。

対処法は?

厚生労働省においても、過敏性腸症候群の原因を生活リズムやストレスにあるとしています。生活リズムが崩れると、腸に負担が掛かり、身体を壊しやすくなるということですから、やはり根源はストレスにあると考えて良いでしょう。

ストレスを極力感じないように、今までより少し、自分にルーズになり色胃心を持っておくことが大切です。そして、そのストレスの根源を1つ筒洗い出し、改善していく必要があるのです、

”裏技”
直ぐに効果を実感したい方以外はスキップして下さい!

「どうしてもストレスによる腹痛が治まらない、、、」
そんな方々に朗報です!!
今なら全額返金保証付き!!

*努力だけでなんとかしたいという方には向かないので飛ばして下さい。

【その場しのぎの下痢止めではなく、身体の中から改善してくれる優秀サプリメント】当商品のキャッチコピーは【そもそも下痢にならない身体へ導くサプリ。】それがこの商品の良さで有り、凄さであるのです。

しかもサプリメントなので一日決められた量を飲むだけで改善していくのです。「すぐに直したい!」という方は是非お試し下さい!

【ご購入はこちらをクリック!】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もちろん、生活リズムも1つの原因ですので、自分を大切にしていくために、過度な飲酒や暴飲暴食などの悪い習慣を始め、偏った食事などは徹底して改善していく必要があります。どうしても偏った食事しか出来ないという方は、栄養を摂るためにサプリメントを摂取するということも1つの手です。是非使ってみて下さい。

サプリを摂るのも嫌だ!

そんな方には、こちらをご紹介させていただきます。固形ではなくお水の状態であるから飲みやすい。そして何より腸内環境の改善だけでなく、美容やエイジングケアまで可能な商品です。定期購入と単品購入で別れているので、お試しで使うことも出来ます。

自分の好きな飲み物に加えて摂ることも出来るので、手間が掛かりません。是非使ってみて下さい。

そんな方には、こちらをご紹介させていただきます。固形ではなくお水の状態であるから飲みやすい。そして何より腸内環境の改善だけでなく、美容やエイジングケアまで可能な商品です。定期購入と単品購入で別れているので、お試しで使うことも出来ます。

自分の好きな飲み物に加えて摂ることも出来るので、手間が掛かりません。是非使ってみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は過敏性腸症候群(IBS)についてご紹介して参りました。腸は様々な部分と繋がっている器官です。生きている内は最も気を遣っていきたい場所でもあります。

そんな腸にも、肌と同じで感じ方の違いがあるのです。過敏性腸症候群は、文字通り敏感な腸という訳ですから、いたわっていかなければなりません。少しでも対策を練り、生活リズムの見直しや食生活の見直しを行っていきたいですね。

プロフィール
akihero

大学生時代、化学(主に生化学)と栄養学の楽しさに気づき大学生で有りながら受験生と化し私立大学から国立大学へのステップアップ(3年次編入)に成功。学問を活かした商品と身体の関係や理にかなったオススメ商品のご紹介【Healthy&BeautyPlus】。投資や書籍紹介などをしている【その他】も見てね(^_^)

*誤字脱字はご愛嬌←【冗談です。発見し次第直ぐ直します(T-T)】

共有はこちらから!
Healthy&BeautyPlus
シェアはこちらから
MEN'S MAQUILLAGE

コメント一覧♪ 意見や感想などをお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました