【イソフラボン】これだけはせめて知っといて!豆の凄さと納豆の力

この記事は約6分で読めます。

豆からの恩恵“イソフラボン”の働きが凄すぎる・・

豆腐、納豆、醤油、豆乳など、我々の食を豊かに彩ってくれる様々な商品。納豆や豆乳、豆腐は健康の為に進んで食べることを栄養士の方やお医者様でさえ提案しています。

今回は、豆腐や豆乳そして納豆など大豆類全てに含まれている必要不可欠な栄養素”イソフラボン”について、その含有物質やイソフラボンがもたらす効果、そしてしっかりとそのせいぶんそれらを使った様々な商品についてご紹介いたします。

イソフラボンとは

そもそもイソフラボンとは、どのようなモノなのでしょうか。構造の骨格は上の図のようになっています。至ってシンプルな構造を成していますが、その仕組みやご存じの通り様々な効能をもたらしてくれる成分です。以前までは、食事から得るだけのモノでしたが、イソフラボンの効果が広く伝播していき、今ではイソフラボン含有化粧品として度々ドラッグストアなどで見かけるようになりました。

健康だけでなく、美容面に対しても有効的な効果を発揮してくれるイソフラボンは摂取することで多くの栄養学的観点からイソフラボンを摂取する目的は、ある効果を得るという目的が1番大きいのです。この効果を得ることがイソフラボンを摂取する最も大きな目的なのです。では、その効果とは一体でどんなモノなのでしょうか?それは・・・

エストロゲン様活性

エストロゲントとは

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 200px-Estradiol.png

エストロゲンは、女性ホルモンの1つで、健康を促進する上で非常に重要な成分の1つなのです。エストロゲンの作用とは、簡単に言うと身体にとってポジティブな影響を及ぼす作用ということが出来ます。そして、そのエストロゲンは、男性の身体では作られにくいということが知られています。従って、エストロゲン作用を多く享受しやすい女性は「女性らしい身体」。エストロゲン等よりもテストステロンの方が多く享受されやすい男性は「男性らしい身体」。といった異なった特徴が生まれてくるのです。

エストロゲンの働き

エストロゲン様活性を得るために、イソフラボンの摂取を美容面からも促進する必要があるのですが、その具体的な働きとして、どのようなモノが挙げられるのでしょうか。エストロゲンがもたらす働きをご紹介して参りましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pct_seibun002_01.png

エストロゲンとは、別名卵胞ホルモンという名前を持つ事からプロゲステロン(黄体ホルモン)と共に女性ホルモンと名付けられています。女性特有の体つきを形成する上で必要不可欠なホルモンなのですが、男性にも必要なホルモンなのです。

エストロゲンがもたらす作用一覧
  • お肌の新陳代謝を促進してくれる
  • 髪のツヤ、そして髪のハリを保つ
  • コレステロールの増加を抑えて、動脈硬化を防ぐ
  • 自律神経を安定させる
  • 骨を丈夫にしてくれる

イソフラボンとエストロゲン

イソフラボンとエストロゲンは、ご覧の通り、構造が非常に酷似しています。従って、生化学的に体内で同様の作用を起こしやすいのです。だからこそ、イソフラボンを摂取することがとても大切であると考えられています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-6.png
イソフラボン
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 200px-Estradiol.png
エストロゲン

イソフラボンを摂取することで、エストロゲン様の活性を享受できるということは分かりました。しかし、イソフラボンから得られることはそれだけではありません。ここからは、イソフラボンの効能について見ていきましょう。

イソフラボンの効能

イソフラボンの効能様々
  • 新陳代謝を促進
  • 肌質の根本的改善
  • がんの抑制
  • 排卵の好循環化
  • 周期的な生理のアプローチ
  • 乳房の発達
  • 骨の強化
  • カルシウムのコントロール
  • 自律神経の安定化

イソフラボンがもたらしてくれる効能はざっと並べてこの様なモノがあります。簡単に言ってしまえば、上述したエストロゲン様活性の作用が基盤となっています。そこにがんの抑制などの+αが加わる形となっています。

どれもがポジティブなモノばかりです。しかし、良い事の裏には悪いことがある。それが世の常ですよね。ということで、イソフラボンによる副作用を見てみましょう。これだけポジティブな作用を享受出来るとなると、とても大きなデメリットがあっても何らおかしくありません。しかし・・・

イソフラボンのデメリット
  • なし

多くのメリットを抱えているにもかかわらず、大豆食品そのものの安全性による問題は確認されていないのです。

これがこの成分(=イソフラボン)の凄いところなのです。そうと知ればもう摂らない手はないでしょう。どの食品にどの程度含まれているのか簡単に理解していただける様にざっとまとめてみました。

イソフラボン含有食品

対象食品イソフラボン含有量
豆腐:1丁110mg
油揚げ:1枚105mg
大豆飲料:1パック(小)70mg
納豆:1パック66mg
きなこ:大さじ3杯47mg

ざっとまとめるとこの様な感じになっています。「よし!豆腐を食べまくろう!」そう思った方はちょっと待って下さい。確かに、豆腐には多くのイソフラボンが含まれています。

知っているようで知らない、”木綿豆腐”と”絹ごし豆腐”の違い(tenki.jpサプリ 2018年03月30日) - 日本気象協会 tenki.jp

しかし、お医者様の勧める食品ではいつも豆腐よりも納豆が上位にランクインします。皆様もご存じかもしれませんが、納豆に含まれている身体に良い菌というのはイソフラボンだけではありません。

納豆からは、イソフラボンだけでなく乳酸菌や納豆菌といった様々な菌の効能を得ることが出来ます。

納豆は、様々な成分を効率的に摂取出来るオールラウンダーです。健康面だけでなく美容面においてもイソフラボンを毎日摂取しておくことはとても大きな意味を持つと言うことが出来ます。

納豆から得られる効果
  • 腸の働きを整えてくれるので、健康をしっかりとサポート
  • 免疫力が上がって風邪やインフルエンザなどの掛かりにくい身体に
  • ナットウキナーゼの効果でしっかりと血栓を予防してくれる
  • 免疫力が高まるので、しっかりと感染症やアレルギー予防が可能
  • 骨の強化による骨折予防
  • ポリアミンによるアンチエイジング効果

納豆は最強

「納豆 フリー画像」の画像検索結果

結局はこの一言に尽きます。もちろん民意を言うと賛否両論がありますが、医師の方々の総意からすればしっかりと納豆を食べておいた方が良さそうです。しかし納豆のパワーは十分理解できるにもかかわらず、皆が納豆を好きでいるわけもありません。次のような疑問が生じるでしょう。

納豆が嫌いで食べられない人はどうしたら良い?

そんな方も多くいらっしゃると思います。実際に私も幼い頃は大の納豆嫌いでした。しかし、健康や美容に良いという情報は次々とでてきます。美容や健康の為に食べたいけれど、食べることが出来ない。そんな方々はどうすれば良いのでしょう。

どうしても納豆が苦手という方には、サプリメントでの摂取がオススメ!

サプリメントで効率よく摂取

サプリメントと聞くとなぜか悲観的になる方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いであり偏見です。サプリメントを購入するという選択肢はその成分”だけでなく”時間”を買うことが出来ます。そこを今一度理解する必要があります。

イソフラボンを摂取することが出来るサプリメントは沢山在りますので、こちらでご覧下さい。ご興味のある方は是非利用してみて下さい。健康には必要不可欠なので、ぜひご自身にぴったりなサプリメントを見つけてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。イソフラボンには、身体にポジティブな影響を与える様々な効果が在ります。健康を考える上で、とても大切な成分ですので、これを機にガラッとイソフラボン中心の食生活をしてみてはいかがでしょうか。

→こちらでは、イソフラボンを用いた化粧水など11種類の化粧水をご紹介しています。イソフラボンを摂取し、肌からも摂取することで、美肌を目指すことが出来ます。是非確認してみて下さい。

人前に出るのが恥ずかしい・・・

しみ・しわ・ たるみ・つや・弾力・はりでお悩みの方は要確認!1分で人生が変わるかも知れません!

プロフィール
akihero

大学生時代、化学(主に生化学)と栄養学の楽しさに気づき大学生で有りながら受験生と化し私立大学から国立大学へのステップアップ(3年次編入)に成功。学問を活かした商品と身体の関係や理にかなったオススメ商品のご紹介【Healthy&BeautyPlus】。投資や書籍紹介などをしている【その他】も見てね(^_^)

*誤字脱字はご愛嬌←【冗談です。発見し次第直ぐ直します(T-T)】

共有はこちらから!
Healthy&BeautyPlus
シェアはこちらから
MEN'S MAQUILLAGE

コメント一覧♪ 意見や感想などをお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました